HOME カテゴリ 新着記事 最近のコメント
2006年08月26日

GPartedでパーティッション分割

HOMEバックアップ ⇒ この記事

はじめに

 世の中は進歩している。「GParted Live CD」はCD起動のパーティション分割ツールである。

 ダウンロードしたISOイメージをCDに焼きけばCD起動のソフトが出来る。

 後は、PC起動時に、こいつを入れてBootさせればパーティッションのサイズ変更や新しいパーティションの作成が簡単に出来るわけだ。

詳しくは下記のサイトにて調べて欲しい。

@ITの記事

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/824gparted2ntfs.html

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/825usegparted.html

posted by 爆○大佐 at 16:56 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バックアップ
2006年08月20日

DeepBurner 6 ISOイメージの作成方法

HOMEDeepBurnerの使い方 ⇒ この記事

ISOイメージの作成方法

1.DeepBurnerを起動

[スタート] > [DeepBurner] > [DeepBurner]

 

2.プロジェクトタイプの選択 (何を作るの?)

1.[データ CD/DVDの作成] を選択

2.[次へ]をクリック

2.新しいプロジェクトの作成

1.[マルチセッションを作成] にチェック

2.[次へ] をクリック

4.書き込むデータの選択

1.データをドラッグできる状態にする

@.画面いっぱいに[Data CD#1]が出るのでexplorer Explorer(エクスプローラ)ボタンを押す。

 deep001

A.Explorerが[Data CD#1]を隠すのでside [横に並べます]ボタンを押す。 

 deep002

2.Explore(ハードディスク側)からファイルをData CD(ディスク側)にファイルをドラッグ

ISOイメージにしたいファイルをドラッグしたら次はISOイメージの作成に移ります。

5.ISOイメージの作成

1.[書き込み]を選択

2.Driveで書き込みドライブを選択
(ARK CD/DVD VD7 A.700  や  Generic DVD-ROM1.0 は仮想CDなのでDiskに書き込みできません。)

3.[ISOで保存]をクリック

 

4.ISOイメージの保存先を選択

5.ファイル名をつけて[保存]をクリックします。

ファンファーレと共にISOイメージが作成されます。

 

以上

posted by 爆○大佐 at 23:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | DeepBurnerの使い方
2006年08月02日

McAfee Personal FirewallからPort開放

HOMEルータ ⇒ この記事

 

[スタート] > [プログラム] > [McAfee] > [McAfee Personal Firewall Plus]

 

 

[アプリケーションの設定] > [許可するアプリケーション]

ncafee002

\Program Files\UPnPCJ から

UPnPCJ.exeを選択

ncafee008

mcafee04

 

[アプリケーションの設定] に[UPnPCJ]が追加されていることを確認します。

[許可]が[すべてのアクセスを許可]に

ncafee009

次に04WebServerを追加します。

[許可するアプリケーション]をクリック

 

04WebServerの04WebServer.exeファイルを選択し[開く]をクリック

ncafee010

[アプリケーションの設定]に[04WebServer]が追加されていることを確認します。

[許可]が[すべてのアクセスを許可]になっているか確認します。

ncafee011

 

McAfeeからPort開放のFlashによる説明

以上

posted by 爆○大佐 at 18:38 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ルータ
2006年08月01日

Norton Internet Securityのポート開放(UPnPCJと04WebServerを使用する場合)

HOMEルータ ⇒ この記事

はじめに

 UPnPCJや04WebServerなどのソフトを使う場合、ファイアーウォール側で通信を許可してやらなければならない。 今回はNorton Internet Securityを例にとって説明する。ノートン・インターネット・ セキュリティでは通信を許可するアプリケーションを指定するだけで勝手に通信を許可するようになっている。今回、 UPnPCJのウィザード機能を使って04WebServerで使用するルータのポートを開放するのでUPnPCJと04WebServerをNorton Internet Securityに指定してやればいい。

Norton Internet Securityのポート開放

[スタート] > [プログラム] > [Norton Internet Security] > [Norton Internet Security]

でプログラムを立ち上げる。

 UPnPC_N001

[Norton Internet Security] > [状態と設定] > [ファイアーウォール] > [設定]

をクリック

 UPnPC_N002

[プログラム制御]のタブを選択

[手動プログラム制御]の欄にNorton Internet Securityで通信を許可したり遮断したりしているアプリケーションの一覧が表れます。

ここにUPnPCJと04WebServerを追加してやります。

[追加]をクリックします。

UPnPC_N003

UPnPCJの場所を探してプログラムを開きます。 

UPnPC_N004

UPnPC_N005

プログラム制御のウインドウ

[どう処理しますか?]で[許可]を選択し、[OK]をクリックします。

UPnPC_N006

UPnPCJが登録され、通信が[すべて許可 ]になりました。

UPnPC_N007

次に04WebServerの登録です。

04WebServerのexeファイルを選択します。

UPnPC_N008

プログラム制御のウインドウ

[どう処理しますか? ]で[許可]を選択し、[OK]を押します。

UPnPC_N009

04WebServerも登録され、インターネットアクセスは[すべて許可]になりました。 

UPnPC_N010

これでUPnPCJを使って04WebServerで使うルータのポートを開放するため準備が整いました。

 

Flashにて使い方を説明

 

以上

 

 

 

 

posted by 爆○大佐 at 18:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ルータ
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。