HOME カテゴリ 新着記事 最近のコメント
2006年01月29日

拡張子を表示する

HOMEトラブル対処法 ⇒ この記事

拡張子の表示

拡張子とは?

拡張子とは、どんなファイルでどのアプリケーションで開いたらいいかを判別するためにファイル名の末尾に付いている「.」 (ドット)から後ろのものである。

kakucho001 このファイルの場合なら、.isoの部分が拡張子だ。

 

拡張子の表示方法

[マイコンピュータ] > [ツール] > [フォルダオプション]

> [表示]タブ > [詳細設定]内
[登録されている拡張子は表示しない]のチェックを外す。

拡張子の役割を確認

拡張子は表示できたな。では、拡張子がどのような役割をしているか確認してみよう。

ファイル作成

まず、下図のようにディスクトップを右クリックして、テキストドキュメントを選択し、

iso013

例えば実験.txtというテキストファイルにする。

   iso014

何か書き込んでおく。

iso015

[ファイル] > [上書き保存]

iso016

 拡張子を変更

「.txt」(ドットテキスト)の部分を「.html」(ドットエイティエムエル)に変更します。

 iso018

拡張子を変更するときに下記の警告が出ますが、そのまま[はい(Y)]をクリック

iso019

拡張子が変更され、htmlファイルになってしまいました。

iso020

確認

ダブルクリックするとInternetExplorer(インターネットエクスプローラ)が立ち上がります。

iso021

まとめ

上記のように、拡張子を変更すると開くアプリケーションも変わってしまう。このことから、

拡張子はそのファイルがどんなファイルで、 どんなアプリケーションで開くかを指定する

ものであることが分かる。

 

posted by 爆○大佐 at 16:57 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対処法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。