HOME カテゴリ 新着記事 最近のコメント
2004年09月19日

バックアップ7 Partimageでバックアップ

HOMEバックアップ ⇒ この記事

はじめに

 Knoppix上で動くPartimageを使えば、NortonGhostを使わなくともSystemをバックアップすることができる。Partimageの使い方を伝授しよう。尚、この文献は、knoppixの起動方法、QtPartedによるHDD分割方法の次の順番で読むべきである。

下準備

Knoppixの起動

前回説明した、Knoppixの起動方法を参照して欲しい。

Systemのバックアップ先のHDDをマウント

予め、QtPartedで作成したバックアップ先のLinuxパーティション(ext3) をマウントする。作成していない方は、QtPartedの説明に戻ってLinuxパーティション(ext3)を作成して欲しい。保存先のPartitionを忘れた方も QtPartedを立ち上げなおし、確認をして欲しい。

例えば /dev/hda6 をマウントする場合、

画面右下の
[ペンギンマーク] > [Root Shell]を起動

rootshell

Root Shellでマウントするフォルダを作成し

#mkdir /mnt/hda6

hda6を/mnt/hda6にマウントする

#mount -t ext3 /dev/hda6  /mnt/hda6

となる。

Partimageでバックアップ

Partimageの起動

[ペンギンマーク] > [Root Shell]

rootshell

shell画面で

partimage と入力し[Ener]キーを押す

バックアップ元の指定とバックアップ先の指定

バックアップ元をポイントする。Systemをバックアップするので /dev/hda1 に指定

partimage1

[←][↑][↓][→]で各種選び、[space]キーで選択

[tab] で別項目へ移動

次にバックアップ先を指定する。ここでは[ /mnt/hda6/20041012.img ]

[Save Partition into a new image file]を選択

[F5]キーを押す

各種オプションの設定

partimage2

Compression level は Noneがいい。圧縮してもメリットなし
Option 特に必要なし
Image split mode 標準のままで
If finished successfuly.. 通常は Waitでいいだろう

各種設定がすんだら
[F5]キーで次へ

バックアップ

partimage3

[tab]キーで[OK]に移動。

[Enter]か[Space]キー

コマンドでバックアップ

諸君の中にはこんなまどろっこしい操作をするよりも1つの命令で済ませたいという方も居るだろう。その場合、RootShell上で以下のコマンドを実行するといいだろう

#partimage

save

-z0

-f1

-b

/dev/hda1

/mnt/hda6/20041012.img


バックアップ

圧縮率0

バックアップ後、 PCシャットダウン

バッチモードで走らせる

バックアップ元

バックアップファイル名

 

 

 

 

 

 

Partimageでリストア

knoppixの起動
バックアップファイルのあるHDDをマウント

例えば、バックアップファイルがあるパーティションが
hda5 である場合、次のように作業する。

  • hda5をマウント (下図参照)

mount

  • hda5の中身とファイル名を確認  (下図参照)

Partimageの起動

[ペンギンマーク] > [Root Shell]

rootshell

shell画面で

partimage
#partimage
 と入力し[Ener]キーを押す

リストア元の指定とリストア先の指定

restore1

 

リストア先をポイントする。Systemをリストアするので /dev/hda1 に指定

[←][↑][↓][→]で各種選び、[space]キーで選択

[tab] で別項目へ移動

次にリストア元を指定する。この例では [ /mnt/hda6/20041012.img ]

[Restore Partition form an image file]を選択

[F5]キー で次の画面に

各種オプションの設定

restore

特にオプションを指定するのではなければ
[F5]キーで次へ

リストア

partimage3

[tab]キーで[OK]に移動。

[Enter]か[Space]キー

コマンドでリストア

上のような選択が面倒な場合、RootShellで以下のコマンドを打てば勝手にリストアしてくれることであろう。

#partimage

restore

-f2

-b

/dev/hda1

/mnt/hda6/20041012.img


リストア

リストア後、再起動

バッチモードで走らせる

リストア先

バックアップファイル

 

 

 

 

 

参考ページ
@IT Partition Imageによるバックアップ

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/506partitionbackup.html

@IT Partition Imageによるリストア

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/507partitionrestore.html

posted by 爆○大佐 at 14:22 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | バックアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。